神奈川県の新型コロナ感染者数が基準を超えているため、活動を見合わせています(2021/1/4更新) LINK

【バドミントン】シューズを用意するときに初心者が注意すべき重要な1つのポイント

バドミントンシューズで初心者が注意すべきポイント
この記事で分かること

バドミントンをはじめるとき、シューズだけはどうしても用意しなければなりません。

そのときに必ず押さえてほしいポイントを1つだけ説明します。

シューズは体育館用であれば何でもOK

バドミントンをはじめてみようと思ったとき、最初から専用のシューズが必須か?と言うと、そうではありません。

他の体育館競技のシューズ。例えばバスケットシューズ、フットサルシューズでも大丈夫です。

これらのシューズは、体育館での基本動作「走る」+「止まる」をきちんと行える性能を持っているので大きな問題はありません。

競技レベルが高くなるとシューズの性能差で、結果が変わってきますが、バドミントンの入口にいる初心者はまずは何でも良いのです。

川崎区のしろくまくんのアイコン画像川崎区のしろくまくん

しろくまクラブの部長さんも最初はフットサルの靴だったね。
それじゃ。。。何でも良いってこと???

お母さんのアイコン画像お母さん

違うわ。答えはもう書いてあるわよ。
もう一度、読み返してみて。

川崎区のしろくまくんのアイコン画像川崎区のしろくまくん

わかった!
体育館用であれば」だね!

しろくまクラブメンバーのバドミントンシューズ
メンバーのシューズと綺麗な上丸子小学校体育館の床

体育館用と屋外用のシューズの違いを知ることが大切

もし屋外用のシューズや、カジュアルシューズを履いて、体育館で運動をしてしまうと「ヒールマーク」という汚れを床につけてしまいます。

「ヒールマーク」は靴底のラバーの付着汚れのことを意味します。時間が経つと非常に落としにくい汚れなので、専門の除去業者さんがいるくらいです。

体育館用のシューズは、この「ヒールマーク」が床に付きにくくなっています。

※ヒールマークはスポーツ用語ではなく、一般的にはハイヒールなど舗装された道に付けてしまうマークのことを言います。

体育館用のシューズかどうか確認する方法

シューズの底のラバーが「飴色」になっている。

2010年代までは写真のようにラバーを飴色にして、ヒールマーク対策をしているシューズがほとんどでした。

逆に飴色であれば、ほぼ間違いなく、体育館用シューズでしょう。

ミズノのバドミントンシューズ
MIZUNOのバドミントンシューズ
シューズの底が飴色になっている例
ラバーは飴色

シューズの底のラバーに「NON-MARKING」の表記がある

2010年代後半、技術の進歩によりカラーのラバーソールを持つ体育館シューズが誕生し始めました。

例えば、YONEX、MIZUNOのシューズは写真のように「NON-MARKING.」の表記があるので、体育館シューズかどうかが確認できます。

黒のラバーソール(YONEXのバドミントンシューズ)
YONEXのバドミントンシューズ
黒のラバーソールの拡大前
シューズ裏面
黒のラバーソール
NON-MARKING.の表記

WEBサイトで検索する。

例えば、NIKEはノンマーキングソールなのに「飴色でない」&「NON-MARKINGの表記がない」ものがあります。

その場合は、お手数ですが、WEBサイトでお手持ちのシューズを検索して確認して頂く必要があります。

まとめ

体育館で運動するときは、必ず体育館用のシューズを用意しましょう!

汚れていないからといって、カジュアルシューズや屋外シューズを用いるのはNGです。

活動後に清掃することにならないように気を付けましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる