神奈川県の新型コロナ感染者数が基準を超えているため、活動を見合わせています(2021/1/4更新) LINK

BADMINTON IN THE DARK -暗闇でバド-

2018.09.02 しろくまクラブ

星の降る体育館で始まった3年目

9月が始まり創設3周年を迎えたしろくまクラブが、初の『闇バド』を開催した。

時計の針が19:30を刻むと、体育館の場内が暗転する。

見慣れない環境にやや興奮気味の声が上がるが、遮光カーテンで

街灯や月の光も遮られていたため、メンバーはほぼ何も見えなかったはずだ。

目が慣れる間もなく、ステージ上に6色に光るシャトルが姿を現した。

光る6色のバドミントンシャトルの写真
LED付きシャトルの光る様子

コートに入ったメンバーは、特に合図を待つ訳でもなく、興味本位で光るシャトルを打ち始めた。

すると同時に高台のステージ上のメンバーから歓声が上がった。

そう。これは暗闇でバドミントンをするイベントではなく、その様子をコートの真横から見るイベントだった。

左右に加速・減速を繰り返す無数のシャトルは、まるで流星群のような天体ショーを彷彿とさせる光景を作り出していた。

この場所が体育館であって、バドミントンをしているということなど、忘れてしまうほどの感動的な光景広がっていた。

2018年9月2日の夜、武蔵小杉のとある体育館に星が降った。

カメラのシャッターを開きっぱなしにして撮影
お母さんのアイコン画像お母さん

たまに現れるわね。ポエム書くやつ。

川崎区のしろくまくんのアイコン画像川崎区のしろくまくん

僕、「そう。」ってブログに書く人初めて見た。

お母さんのアイコン画像お母さん

たしかに見てる方は凄い綺麗な景色だったわ!
だけど打つ方は落とさないように必死なんだから。

川崎区のしろくまくんのアイコン画像川崎区のしろくまくん

もしかして、写真の下の方の赤いシャトルって、、、
落としてしまったんだね。。。

さて、このLEDの付いたシャトルを飛ばす企画は、芸術として想像を超えたイベントでした!

単純に左右に行き来する光と違って、打った瞬間でスピードにのるシャトルが、上空で減速することで、絶妙な動きになり、非常に幻想的でした。

写真は撮影したのですが、、、動画を取り損ねてしまいました、、、 _:(´ཀ`」 ∠): 

これは、いつかもう一度、生きているうちにチャレンジさせて欲しいです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる